謎解きコラム
謎解きコンシェルジュ.com

会社にはチームビルディングが必要!目的や効果を解説

2020.03.04

会社は同じ目的を持った人が集まり、協力し、会社の業績を伸ばすために貢献しています。個々人のパフォーマンスは重要ですが、個人が勝手に動くだけだと組織としてのメリットを活かせず、むしろ足を引っ張り合ってしまう可能性があるでしょう。そこで重要になるのがチームビルディングです。

 

チームビルディングは会社の業績を伸ばす

チームビルディングは会社の業績を伸ばす

チームビルディングは組織が一丸となって、目標の達成に向かっていくための取り組みです。チームワークは主にチームでコミュニケーションを取って円滑に作業等を進めることを意味しますが、チームビルディングはコミュニケーションだけでなく、チーム内での役割分担、責任の所在なども明確にした上で、組織としての地盤を強化することも含んでいます。

つまり各メンバーがしっかりと業務をこなすという大前提があって、そこからさらに相乗効果を得るためのものがチームビルディングです。単なる馴れ合いとは全然違うので、その点は理解しておく必要があります。

 

チームビルディングの目的

チームビルディングの目的

チームビルディングは目的を明確にして取り組む必要があります。チームビルディングという用語だけだと特に抽象的なので、目的を強く意識しないと方向性を誤る可能性が高いでしょう。

ここでは、チームビルディングを成功させるために、具体的に何を意識しなければならないのか解説します。

 

社員の積極性を高める

チームビルディングはチーム全体を強化すると同時に、個々人の意識改革も行います。上で説明した通り、チームビルディングは個人が役割、責任を果たした上で初めて成立するものです。

サッカーなどのスポーツで考えるとわかりやすいですが、たとえばいくらコミュニケーションが円滑でメンバーの仲が良くても、誰もシュートを打てない、ゴールを守れない、ドリブルもパスもつながらない、といった状況だと無意味です。

みんなの仲が良ければ下手でもゲームを楽しめるかもしれませんが、会社は業績を伸ばさなければならず、遊びではありません。そのためメンバーが積極的に個人の能力開発を行い、その上でチームに貢献していくことが求められます。

 

コミュニケーションの活性化

気を遣って話しかけられない、お互いの距離感が遠い、といった状況をなくします。個々人のパフォーマンスが高くても、コミュニケーションが取れていないとチームとしてのパフォーマンスは低下します。

最悪の場合重複して同じ作業をやってしまったり、作業結果を連結しようと思ってもつながっていない、業務の引継ぎがうまくいかずに二度手間になる、顧客にも迷惑をかける、といったことが起こりかねません。

個人が能力アップすることと、チームとして協力することの両方が必要です。

 

会社全体のビジョンの共有

抽象的かつありふれた文言ですが、会社全体のビジョンをメンバーが意識することは重要です。そして単にビジョンを知るだけでなく、日々の業務に落とし込む必要があります。

具体的には、業績につながるアイデアを出す、ルーティンワークを効率化する、メンバー間の連携を密にする、などが挙げられるでしょう。

みんなが同じ方向を向いていなくても、業務上きちんと協力していて、成果が出ていればそれで問題ないと言えます。しかし互いに何を考えているのかわからない状況だとどこかで綻びが出てくる可能性が高いので、少なくともビジョンを共有し、相手の意図を推測できる程度にはコミュニケーションを取っておく必要があるでしょう。

 

チームビルディング研修を行っている会社

チームビルディング研修を行っている会社

企業に対してチームビルディング研修のサービスを提供している会社というものがあります。チームビルディングと言っても何をすれば良いかわからない、という場合こういった外部の会社に依頼するのも一つの選択肢でしょう。

具体的に、どのような企業がどのようなサービスを提供しているのか紹介します。

 

謎解きコンシュルジュ

謎解きコンシュルジュは、「謎解き脱出ゲーム」「宝探し」「知育ラリー」などの頭を使うチームビルディングコンテンツを数多く提供しています。

謎解きコンシュルジュが用意した会場にお客さんが足を運ぶだけでなく、たとえば社員旅行先に謎解きコンシュルジュが謎解きゲームを用意し、社員旅行の企画の一環として楽しむ、といったことも可能です。

さらにゲームの内容もフレキシブルで、会社の文化や歴史など、その企業独自の内容を織り込んだゲームにすることもできます。そのため、すでに普通の謎解きには少し飽きている、といった社員がいても問題ないでしょう。

謎解きコンシュルジュは完全オリジナルの、世界に一つしかないゲームを提供します。圧倒的な非日常体験をビジネスに落とし込むこと、頭を使ったゲームを最大限楽しむこと、に力を入れています。

チームビルディングのためにはメンバー間の人間関係を良好にすることも重要なので、全力で楽しめる、普段とは違った刺激を得ることができる、といった要素はチームビルディングの効果を大幅に高めます。

資料ダウンロードはこちらイベントのご相談はこちら

株式会社チームビルディングジャパン

株式会社チームビルディングジャパンはチームビルディング研修やコンサルティングを提供している企業です。プログラムが多彩で、本格的な謎解きから、日常の会議室で手軽にできるプログラムまで様々です。

 

株式会社博報堂コンサルティング

企業名の通りコンサルティングがメインの企業です。コンサルティングの他にはマーケティング戦略、企業ブランディングにも力を入れており、その一環としてチームビルディング研修を提供しています。

内容としては、ゲームではなく、リーダーの役割を学ぶ研修、マネジメントスキルを磨く研修、などチームビルディングの中でもリーダーに求められるスキルを身に付けるためのものが多いです。

 

チームビルディングの結果得られるもの

チームビルディングの結果得られるもの

チームビルディングの結果、会社の業績が向上します。しかしそれは最終的な結果なので、もう少し細分化してプロセスをご紹介していきます。

 

目的を達成できる

会社全体の目的に限らず、たとえば部門ごと、個人ごとの目標達成につながります。チームビルディングはチーム全体のパフォーマンスを向上させますが、チームの連携が強化されることで個人のパフォーマンスも向上するという点も注目すべきです。

チームのために頑張りたい、チームで目標を達成するんだ、という意識を持てば、自ずと個人のパフォーマンスは向上します。よくラグビーなどで言われている、「ワンフォーオールオールフォーワン」というものです。

逆に自分だけのために仕事をしていても、どうしても邪念が入って怠けてしまったり、なんで頑張っているんだろう、といった気持ちになりがちです。たしかに頑張って働けば自分のスキルアップや報酬アップにつながるケースもあるのですが、現実的に考えて会社の業務すべてが自分のスキル、報酬アップにつながるかと言われればそうではないでしょう。

自分のためだけに働いているとどうしてもモチベーションが下がってしまうことが多いので、チームのため、という意識は少なからず必要でしょう。

 

社員の居心地が良くなる

モチベーションアップ、離職率低下などに影響する重要なポイントです。チームビルディングにより、社員間の連携、コミュニケーションがスムーズになります。つまり人間関係でのストレスが減るということです。

上でチームビルディングがうまく機能すると個人のモチベーションアップにつながると説明しましたが、個人の居心地の良さにもつながります。

 

新たなリーダーが生まれる

チームビルディングの対象は社員全員です。管理職も新人も目的意識を持ち、チームに貢献することになります。管理職のマネジメントが強化されることはもちろん、新人のモチベーションアップ、積極性アップにつながり、そこからリーダーシップを発揮する社員が誕生しやすくなります。

そもそもチームビルディングが機能していないとリーダーも機能しないことになるので、チームビルディングはリーダーシップを発揮する場の前提、土台とも言えるでしょう。

 

役割、責任が明確になる

チームビルディングは単なる馴れ合いではなく、組織のパフォーマンスを向上させる目的があります。そのため、助け合いながらも個人の役割、責任は明確になります。

チームビルディングがうまく機能していれば、役割や責任がうやむやになることはありません。よく役割、責任を明確にするためには個人主義型の働き方の方が正解だ、といった勘違いがされますが、チームビルディングと個人のパフォーマンス向上は相反するものではありません。

むしろ切っても切り離せない関係で、個人の能力開発の上にチームビルディングは成り立ちます。チームビルディングを変に解釈して、役割、責任をうやむやにするのは大きな間違いでしょう。

 

個人のパフォーマンスが向上する

説明してきた通り、個人のパフォーマンスの上にチームビルディングがあり、逆にチームビルディングが機能することによって個人のパフォーマンスが向上します。

チームビルディングがうまく機能しているとチームのために頑張ろうというモチベーションになりやすく、また働き心地も良いので仕事に専念できます。少なくとも人間関係に足を引っ張られたり、人間関係がストレスになって本業に集中できないようなことはなくなります。

 

まとめ

チームビルディング

チームビルディングは会社の目的を明確にし、社員が一丸となって目標に向かっていくために重要です。また一丸となるといっても役割や責任の所在を不明確にするわけではありません。

むしろ一人一人が何をすべきか明確にした上で、助け合う必要があります。これにより社員間の連携を効率的かつ密にし、高いモチベーションを保ったまま、個人のパフォーマンスも最大化していきます。

チームビルディングは個人のパフォーマンス、組織全体のパフォーマンス、その両方を底上げしていくという特徴があります。

緒方裕理

この記事を書いた人

緒方裕理
ページトップへ戻る