謎解きコラム
謎解きコンシェルジュ.com

オンラインで実施可能なチームビルディングの方法5選

2020.05.29

成果を上げるためのチームづくりの手法、チームビルディング。
リモートワークを導入する企業が増えている今、オンラインでできるチームビルディングへの需要が高まってきています。

しかし、「本当にオンラインでチームビルディングがきるの?」と不安に思っている方もいるでしょう。そこで今回は、オンラインで実施可能なチームビルディングの方法を5選ご紹介します。

オンラインでチームビルディングを行う際の注意点もお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

チームビルディングとは

チームビルディングとは、仲間が一つのゴールに向かって進んでゆける組織づくりのことです。ただ同じゴールを目指すだけでなく、一人ひとりの多様性を認め合い、個人のスキルを最大限に発揮することで、チームとして最高の結果をもたらせるとされています。 

チームビルディングには、日頃の業務での取り組みはもちろんのこと、社員同士でコミュニケーションが取れる社内イベントの実施も有効と言われています。

オンラインでチームビルディングはできるのか?

リモートワークやイベントの中止で遠のく「チームビルディング」

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増えてきた今、社員同士で顔を合わせる機会が減り、チームで仕事をするという感覚が薄れてきている方もいるのではないのでしょうか。

また、社内運動会やレクリエーションが中止となり、チームビルディングを目的としたイベントを当分の間実施できそうにない、という企業も多くなってきています。企業向けチームビルディングイベントの企画・運営を行う弊社でも、新型コロナウイルスの影響で50近くのイベントが中止・延期となりました。 

新型コロナウイルスの流行を経て、多くの企業では、チームビルディングを実感できる機会が少なくなってきているのです。

浮き彫りになったチームビルディングの重要性

リモートワークを通して、逆説的にチームビルディングの大切さを実感された方も多いのではないでしょうか。仕事を成功させるための組織づくりには、チームメンバーで常に目標を共有しあい、一つの目標に向かってメンバーそれぞれが役割を果たすことが必要不可欠です。

お互いの様子が見えづらいオンラインだからこそ、チームビルディングを意識して仕事を進めていくことが大切なのです。

オンラインでもチームビルディングはできる

社員と直接顔を合わせられない、社内イベントを実施できない、などの理由から、チームビルディングを諦めていませんか?

確かにオンラインだと、社員が1箇所に集まる社内運動会や、大勢で長距離を移動する社員旅行の実施は難しいでしょう。 

しかし、オンラインでも、ビデオ会議ツールなどの活用によりチームビルディングを行うことは可能です。むしろ、これからリモートワークが当たり前となっていくことも考えられる中で、オンラインを活用したチームビルディングの手段はさらに増えていくでしょう。

オンラインでできるチームビルディング5

リモ謎

リモ謎は、オンラインで実施可能なチームビルディング型謎解き脱出ゲームです。参加者は物語の登場人物になりきり、世界観に浸りながら、仲間と協力して謎を解いていきます。うまく役割分担をしていくことが脱出成功のカギとなるので、それぞれが自分の役割をまっとうすることや意思疎通を図ることの大切さを学べます。 

リモ謎のパッケージプラン第1弾「閉ざされた電脳都市からの脱出」は、現実世界と電脳世界を行き来できる未来が舞台となっています。ある日、電脳都市に遊びに来ていたところ、なんとAIが暴走し、1時間以内に脱出しなければ電脳都市に一生閉じ込められてしまうという非常事態に!参加者は暗号化された緊急脱出マニュアルをチームで協力して読み解き、緊急脱出装置を起動しなければなりません。 

リモ謎は、イベントのプロである弊社スタッフがMCやヒント出しのスタッフを務めるので、謎解き初心者でも楽しめるゲームとなっています。

リモ謎の詳細をもっと知りたい!という方は、ぜひ資料をご覧ください。

資料ダウンロードはこちらイベントのご相談はこちら

家宅捜索ゲーム

家にあるものを使って、お題のクリアを目指すゲームです。幹事はあらかじめ「5文字の食べ物」「黄色のもの」などのお題を準備しておきます。参加者はそれらのお題に合うものを自分の家の中で探します。条件をより多く満たせたチームが勝利となるチーム対抗戦を行えば、対抗意識が芽生え、ゲームが白熱することでしょう。

マーダーミステリー

マーダーミステリーとは、推理小説のような世界観に浸りながら進んでいく、推理ゲームです。参加者は全員で話し合いをしながら、シナリオ上で起きた殺人事件の犯人を突き止めていきます。しかし実は、参加者の中に、犯人が紛れ込んでいるのです。

犯人役となった人は自分が犯人であることを隠し通すこと、他の参加者は自分に与えられた秘密を隠しながら犯人を当てることがゴールとなります。

ゲームはあらかじめ用意されている台本に沿って進んでいきます。しかし、台本があるといっても事細かにセリフが設定されているわけではなく、あくまで流れが示してあるだけ。参加者同士でいかに情報をうまく共有し合えるかがゲームのポイントとなります。

条件プレゼン

条件プレゼンは、あらかじめ与えられたキーワードに沿ってチームでプレゼンを行うアクティビティです。最終的に、判定者に一番面白いと思わせたチームの勝利となります。プレゼンを成功させるためには、各メンバーが自分の役割を認識し、完成に向けて力を合わせていかなくてはなりません。ビデオ通話の画面共有機能や、オンライン上で編集できるドキュメントツールなどを利用することで、スムーズな進行が可能です。

MGオンライン

MGオンラインは、100万人以上が経験したと言われるマネジメントゲームMGを、オンライン上で実施できるようにしたものです。

マネジメントゲームMGとは、ソニーが約40年前に開発した研修ゲームです。元々は社内用に作られたものですが、大きな評判を呼び、社外向けにも公開するようになりました。

マネジメントゲームMGの特徴は、ボードを使ったゲームを通して経営の疑似体験を行い、自発的な気付きや課題の発掘が行える点にあります。

 そして2017年に開発されたのが、オンラインでマネジメントゲームMGを体感できる、MGオンラインです。参加者が1人ずつ架空の会社を設立し、46人でオンライン上のルームに集まると、ゲームスタート。ゲーム画面に表示されるボードを使いながら、材料の仕入れや商品製造、販売などの業務を実行していきます。約20分で1(1年分)が終了。1期が終わるごとに決算書を見て、自分の課題を見つけていきます。終了後にはいつでもリプレイを見ることができ、反省会の実施も可能です。 

MGオンラインは、通常のマネジメントゲームMGに比べ低価格で実施できるもの嬉しいポイントです。本格的なビジネスゲームを通したチームビルディングを行いたい方にぴったりのコンテンツです。

アクティブ・ブック・ダイアローグ®

アクティブ・ブック・ダイアローグは®、今話題の新しい読書法です。1冊の本をメンバーで分担して読み、内容をまとめ、発表しあいます。気づきを深めるための対話プロセスを通じて、著者の伝えようとすることを深く理解でき、能動的な学びや気づきを得ることができます。

このアクティビティでは、メンバーで本を分担して読むため、短時間での読書が可能です。そのため、読者が苦手な人でも楽しむことができます。また、情報共有の大切さを学べる、チームでの共通言語ができるなど、チームビルディングを実感できるポイントが数多く存在しています。

オンラインでチームビルディングを行う際の注意点

オンラインでチームビルディングを行う際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

ツールの導入・通信環境のチェック

オンラインでのチームビルディングは、通信環境やツールをしっかり準備できていないと、成立しません。PCだけでなくスマートフォンからも参加できるのか、ビデオ通話アプリは全員の端末にインストールされているか、ブラウザの違いによる不具合はないかなどを事前に確認しておくことで、スムーズに進行できます。また、ネット回線トラブル時の対応をあらかじめ決めておくことも大切です。

振り返りの時間をとる

チームビルディングを行っても、ただ「楽しかった」だけで終わってしまっては、意味がありません。ゲームを通じて何を学んだのか、どういった点でチームビルディングを実感できたかなどを共有する時間を取ることで、学んだ内容を業務に活かすことができます。終了後にフィードバックの時間を取る、アンケートを実施するなどして、効果の見える化を行いましょう。

参加者の都合を考慮する

リモート環境下だとどうしても相手の状況が見えにくくなってしまいます。仕事を抱えていてイベントに参加できない、育児や介護などの都合により参加できない、という人もいるでしょう。プライベートの事情も考え、無理な参加を促すことはやめましょう。業務時間に影響を与えない終業後に実施する、家事が落ち着く20時以降に開始するなど、多くの人が楽しく参加できる時間設定を行いましょう。

まとめ

本記事では、オンラインでできるチームビルディングの方法をご紹介しました。

リモート環境下で社員間の交流が難しくなっている今だからこそ、オンラインでチームビルディングを実施し、強い組織力を作っていくことが大切です。

今回の記事を参考に、ぜひオンラインでのチームビルディングに取り組んでみてくださいね。

たまこ

この記事を書いた人

たまこ

合戦武将隊の皆様をお手伝いする町娘、たまこ。
ガラシャと名乗る日を夢見て、立ち振る舞いのお勉強や舞のお稽古に奮闘中!


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/sngktkr/nazotoki-concierge.com/public_html/system/wp-content/themes/chani/single.php on line 111
ページトップへ戻る