事例・インタビュー
謎解きコンシェルジュ.com

【謎解き×最新XR】東京タワーで開催中の「code name:WIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」を体験してきました!

2020.11.26

体験型の謎解きゲームとして近年多くの人の心を虜にしているのが、「リアル謎解きゲーム」。そのワクワクする仕掛けに、思わずあっと驚かされることもたくさんありますよね。

 

今回ご紹介したいのは、現在東京タワーで開催されている最新鋭のAR体験を楽しむことができるリアル謎解きアクティビティ「code nameWIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」です。

 

実はこちらのリアル謎解きイベント、弊社の謎解きクリエイターが謎の制作を担当しています!

ということで我々は実際に東京タワーに足を運び、その注目のリアル謎解きゲームを体験してきました。今回はその模様や体験しての感想、またアクティビティの詳しいご紹介をしていきたいと思います。

 

code nameWIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」とは

「code name:WIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」

冒頭でも簡単にご紹介しましたが、まずはこのイベント「code nameWIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」について。

東京タワーフットタウンにて10/2()12/28()の期間で開催されている今回のイベントは、最先端のXR技術を駆使したデバイスを使用し、拡張現実の中で行う謎解きを体験することができるものとなっています。まるで本当に魔法を使いながら謎を解いているような気分を味わえる点が、他のリアル謎解きにはないおすすめポイントです!

 

2つのパートに分かれた構成となっており、東京タワー内を歩き回りながら謎を解いていくパートと、最新のXRを体験しながら謎解きができるパートのどちらも楽しむことができます。

 

ストーリー

ここでストーリーをご紹介。

一人前の“ストライダー”を目指すことになったあなたは、

“魔法図書館”で妖精たちと基本的な魔法の使い方を学ぶことになる。

あなたと一緒に修練に臨むことになる妖精について記されたという、

“妖精の魔導書”。この魔導書の解読に成功した者のみが、

“魔法の修練”に挑むことが許される――。

出典:リアル謎解き×XR体験「code name:WIZARD Episode 1」 | 東京タワー TokyoTower

 

魔法書の解読……魔法の修練……。

ワクワクするような言葉が並んでいますね。ストーリーに没入して楽しむのも、謎解きイベントの醍醐味の一つです。

 

それではここからは、私たちが実際に体験した模様をお届けしていきます!

 

謎解き×最新XRの体験レポート

  エントランス

東京タワーの豪勢なエントランスをくぐると、すぐ右手に謎解きイベントゾーンが見えてきます。

謎解きイベントゾーン ディスプレイ

ディスプレイにはさっそく、気になるXR体験のイメージ映像が流れていました。

胸を躍らせながら受付を済ませ、イベント会場へと向かいます。

  イベントのエントリースペース

イベントのエントリースペースは世界観たっぷりの装飾。

こちらのスペースにある受付で、謎解きの説明を受けます。

謎解きの説明 謎解きの説明

精巧なストーリーとともにさまざまな仕掛けがなされているこの謎解きでは、最初にここでしっかりと説明を聞いておくことが大切です!

 

謎解きへの参加にあたって、このようなクリアファイルが一人1枚ずつ配布されます。

難易度によって*2種類、写真左の赤いファイルが「EASY」、右の青いファイルが「NORMAL」となっています。

11/3より、3種類のストーリーが選択できるようになっています!

クリアファイル

ちなみに先にお話ししておくと、EASYでもけっこう難易度が高く、謎解き経験の豊富な人でなければなかなか苦戦します……

とはいえ謎解きが得意だという方はぜひ、NORMALに挑戦してみてください。

 

クリアファイルには、下の写真のようにいくつかの冊子が入っていました。

地図や暗号書などがあり、この時点では何が何やらほとんどわかりません。

いくつかの冊子 

そしていよいよ謎解きスタート!

まずは東京タワーフットタウン(東京タワー直下の商業施設)の内部を散策しながら、暗号を解くための手がかりを探していきます。

 

例えば、このような場所に……

内部を散策 

このような掲示に暗号解読の手がかりとなる謎が記されています。暗号書と照らし合わせながら、暗号解読へと進んでいきましょう。

 

ちなみにこちらの柱は、地図では「巨木」に見立てられています。

ストーリー上の地図と施設内の実在のスポットがリンクしているため、ここでもなんとなく拡張現実感を味わえる(?)ような仕組みになっているのがまた魅力ですね。

1階から2階、3階と上へ登っていきます

暗号の解読を進めながら、1階から2階、3階と上へ登っていきます。

東京タワーフットタウンは商業施設であるため、暗号の手がかりを探す道中にはさまざまなお店があり、謎解きに挑戦している最中でも立ち寄ることが可能になっています。

実際にこの日は、フードコートでご飯を食べながら謎解きをしている時間もありました。

 

 

思考をめぐらせながらついに最後の暗号を解読し、はじめの場所に戻ると……

暗号解読クリア

みごとに暗号解読クリア!

そしてこの後は待ちに待った、XR謎解きに挑戦です!

  ゴーグルの説明

まずはゴーグルの説明を受けていきます。一人ひとつずつ機器が与えられますが、この機器がとても本格的で、期待値が上がります。

装着するとこのような感じ 

装着するとこのような感じ。そして専用の部屋へ。

専用の部屋 

何やら不思議な空間に、幕がかかっています。

……と、はたから見るとそれだけですが、ゴーグルをかけるとこの空間にいろいろなものが見えてくるのです!

 

ここでは、XRによる拡張現実の中に見えているカラクリを解いていくことになります。

  見上げたり……

見上げたり……

右を見渡したり…… 

右を見渡したり……

  手を伸ばしたり……

手を伸ばしたり……

拡張現実の中で探して、触れて、仕掛けを動かしていくことで隠されている謎を解き明かすことでクリアを目指します。

 

初めて見る拡張現実の空間にはじめは感動して謎解きのことを忘れてしまいがちですが、XR技術にあっけにとられているとあっという間に制限時間が迫ってきてしまいます!

ひとときの感動を楽しんだら、あとは冷静に謎解きに集中することをおすすめします。

リッチなリアル謎解きアクティビティ

施設内を探索しながらリアル謎解きを楽しみ、そのあとにはさらにゴーグルを装着してのXR謎解きに挑戦する。東京タワーと謎解き、そしてXR最新技術と、あらゆる要素をふんだんに堪能することのできるとてもリッチなリアル謎解きアクティビティでした!

 

イベント概要

こちらのイベントの概要は、以下の通りです。

 

code nameWIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜】

開催場所:東京タワーフットタウン 13F、展望台

開催期間:2020102()1228()

 

営業時間:11:0020:00(最終受付は19:00

チケット価格:XR謎解き1回分チケット ¥3,000

 

チケット購入はこちら

 

まとめ

今回は、東京タワーで現在開催中のリアル謎解きイベント「code nameWIZARD Episode1 〜魔道書の謎と六匹の妖精〜」の体験レポートをお伝えいたしました。

リアル謎解きと最新XR技術が融合した最新鋭のアクティビティで、謎解き好きの方から初心者の方まで、どなたでも楽しめること間違いなしです。

 

開催期間も残りおよそ1ヶ月。ここでしか味わえないをワクワクと感動を、ぜひみなさんも体験してみてください!

 

資料をダウンロードするイベントのご相談はこちら

リッキー

この記事を書いた人

リッキー
ページトップへ戻る