謎解きコラム
謎解きコンシェルジュ.com

大人数でできるアイスブレイク!みんなが馴染むのにも役立つ

2020.01.14

アイスブレイクを直訳すると「氷を壊す」となり、これは緊張した空気を氷にたとえ、それを壊すことを意味しています。つまり張り詰めた空気感を和ませる手法がアイスブレイクなのです。

アイスブレイクと言ってもいろいろな種類があり、誰でも知っているものから少し手の込んだものまで様々です。その場の雰囲気や、会話の流れによっても最適なアイスブレイクは変わってくるでしょう。また、その場に居合わせている人が少人数か大人数かによっても、切り出すべきアイスブレイクは異なります。

この記事では、大人数でアイスブレイクを行う際の注意点と、最適なアイスブレイクを紹介します。

大人数でアイスブレイクを行う際の注意点

大人数でアイスブレイクを行う際の注意点

なるべく全員が参加できるものにする

大人数でアイスブレイクを行う場合は、なるべく全員が参加できることがポイントです。全員が参加できないと、大人数でやる意味がありません。何もできない人が出てきてしまうと、せっかくアイスブレイクをしても人によって参加中のモチベーションに差が出てきてしまうでしょう。そのため大人数でアイスブレイクをするときは、大人数向けの、全員参加型のアイスブレイクを行う必要があります。

どのようなアイスブレイクが大人数向きかを考える前に、逆に大人数向きではないアイスブレイクを知っておくと良いでしょう。

 

他の人のプロフィールを記憶するタイプのものは難しい

大人数に適さないアイスブレイクの代表例としては、「積木式自己紹介」が挙げられます。積木式自己紹介は、参加者が自己紹介を行い、次の人は前の人の自己紹介を記憶して自己紹介を行うというアイスブレイクです。

人数が多くなればなるほど、記憶しなければならないことが増えます。人間が一度に覚えられることはそう多くはないので、この手のアイスブレイクは大人数で行うのは困難です。

また、覚えていないと単純に気まずくなるだけなので、大人数でプロフィールを覚えなければならないゲームは避けるべきでしょう。

 

司会進行がいる場合は、司会者が中心になって進めて良い

大人数のアイスブレイクでは全体をまとめるのが難しい可能性がありますが、司会者等がまとめると良いかと思います。誰かを指名してまとめ役にしても良いかとは思いますが、アイスブレイクの目的は「場の空気を緩ませる」「まだ親しくない社員同士のコミュニケーションを円滑にする」といったものなので、誰かにプレッシャーをかけることは避けましょう。

大人数におすすめの全員が中心となるアイスブレイク

大人数におすすめの全員が中心となるアイスブレイク

上で説明した通り、大人数でアイスブレイクを行う際はなるべく全員参加のゲームが良いです。具体的には、以下のようなゲームが挙げられます。

 

山手線ゲーム

山手線ゲームと言えば合コンなどの定番ゲームですが、アイスブレイクとしても使えます。ルールも簡単でほとんどの人が知っているので、ルール説明はほとんど不要です。

しかし、合コンなどのイメージが強いので、たとえば会議の合間に山手線ゲームを提案しても場違いになる可能性が高いです。イメージの問題から、場を選ぶゲームにはなるでしょう。

 

ピンポンパンゲーム

ピンポンパンゲームも合コンの定番ゲームですが、アイスブレイクとしても活用できます。ルールはシンプルですが、知名度は山手線ゲームよりはやや低いため、ルール説明は必要かもしれません。また山手線ゲーム同様に合コンのイメージが強いので、場を選びます。明らかに場違いな場面で提案しても周囲は困惑するので、注意が必要です。

ピンポンパンゲームのルールは以下です。

  1. 最初に一人の人(繰り返しの場合は指をさされた人)が「ピン」と言う
  1. 2.3を繰り返す
  2. 間違えたら負け

 

カウントアップ

カウントアップのルールは以下の通りです。

  1. 1

カウントアップは、1から順に数字をカウントしていくゲームです。全員参加型のアイスブレイクではありますが、数字を言う人が偏る傾向にはあります。

というのも、カウントアップで全員が数字を言うことは滅多になく、ほとんどの場合は前半で被って終了します。つまり、前半で数字を言わないと数字を言う機会がなくなるのです。カウントアップを知っている人はこのことに気付いていますし、初めてやる場合でも何回かやればすぐにわかります。すると、積極的に数字を言う人もいれば、「どうせ前半で終わるし数字を言わなくても良いだろう」と傍観者に徹する人もでてきます。

雰囲気としては全員参加している感じになりますが、実際は数字をカウントしない人もいるので、本当に全員参加かと言われれば微妙なところです。そうならないためには、なるべく早く数字を言いたくなるような仕組みが必要です。たとえば「数字を言った人は抜けていって、まだ言っていない人や重複してしまった人だけが残り、最後まで残った人が負け」というようなルールにすれば、数字を言うモチベーションがアップするでしょう。

 

司会進行役が中心となって行うアイスブレイク

司会進行役が中心となって行うアイスブレイク

司会進行役がいる場合、司会進行役が中心となる、もしくは誰かを指名して前で発表してもらう、といったアイスブレイクが有効です。上で紹介したアイスブレイクのように、全員参加型で巻き込んでも良いですが、時間が限られている場合や、スムーズに進行したい場合には、特定の人が中心になって進めるアイスブレイクが有効です。具体的には以下のようなアイスブレイクが挙げられます。

 

妄想自己紹介

妄想自己紹介は架空の人物を設定して、その人物像に基づいて自己紹介していくアイスブレイクです。まったくの別人になりきって自己紹介するので、初めて行う場合は新鮮さがあるかもしれません。

なるべく気軽にやるのがアイスブレイクとしてのポイントで、周囲が笑いを求めたりしてハードルを上げるとプレッシャーになり、アイスブレイクの本来の役割から外れてしまいます。周囲としては笑いを求めたくなる気持ちにもなるかもしれませんが、あまりそういったことはせずに、「なりきって自己紹介できればOK」という空気を作るのがポイントです。

また、提案者がある程度設定を考えておいて、それを出題するのも一つの手です。そうすることによって、妄想自己紹介をする人は自分で人物設定をする必要がなくなります。

また、滑ってしまってグダグダになったとしても、「人が作った設定でなんとか頑張った」という面白さはあります。

こういったことも意図した上で提案できると良いでしょう。妄想自己紹介をする人に丸投げするのではなく、サポートできるとアイスブレイクとしてはより効果的です。

提案者だけでなく、聞いている人たちも途中で何か質問したり、設定を追加したりしても面白いでしょう。

 

ネガティブ自己紹介

ネガティブ自己紹介は、自分のネガティブな面を紹介する自己紹介です。「そんなことをして何になるのか」「どうせなら自分のポジティブな面をアピールした方が良いのではないか」と思われる方も多いでしょう。

しかし、人間は他人の失敗談に共感する可能性が高いです。逆に言えば、成功体験を自慢げに話されてもあまり共感できずに、「自慢話は聞きたくない」と思ってしまう可能性があるのです。

そういった意味で、ネガティブ自己紹介は非常に理にかなったアイスブレイクなのです。

また発表者自身、ネガティブな自己紹介の方が心理的なハードルが低いと感じる人が多いかと思います。初対面だとどうしても自分を取り繕ってしまい、結果的にその後の人間関係において自分を出せなくなってしまう人も多いでしょう。ネガティブ自己紹介はこのような問題を解決します。

また発表者がネガティブ自己紹介をした後に、周囲がフォローすることも重要です。ネガティブな自己紹介は聞き手が親近感を持ちやすいためお互いの距離が近くなりやすいアイスブレイクと言えるでしょう。

 

イメージお絵かき

イメージお絵かきは、何かお題を出し、写真などを見ずにイメージでお絵かきするアイスブレイクです。正解や勝ち負けはありませんが、出来上がった絵をもとに談笑することができます。

普段何気なく見ているものは案外はっきり覚えていなくて、細部をうまく描けなかったりします。たとえば、小銭を正確に描ける人は多くないでしょう。

毎日見ているにも関わらず、正確に描くのは難しいです。また面白いことに、人によって全然違った絵を描くことがあります。人間が意外と物事を正確に認識できないことが分かると同時に、人によって認識にはかなりの齟齬が出ることが分かります。

こういったことの勉強になるので、アイスブレイクとしての効果以上の学びを得られるでしょう。

 

心理テスト

心理テストはアイスブレイクとしても有効です。好きな人が多いため、ルール説明も不要でしょう。ただし有名な心理テストはすでに知っている人も多いので、マイナーなものを探す、自分で作る、といった工夫が必要です。

心理テストには一定の傾向があるので、既存のものを組み合わせて新たな心理テストを考えるというのも一つの手です。また既存のものをきちんと参考にして根拠を理解した上で作れば、見当違いな心理テストになることも考えにくいです。

そして心理テストはやって終わりではなく、アフターフォローが重要です。単に結果を伝えるだけだと、診断された側はいまいち納得感がなかったりするのです。たとえばネットで心理テストをやった場合でも、結果とちょっとした説明が出てきます。心理テストを受けた側の人は、その後の解説が詳細であるほど満足感を得ることができるはずですので、ここの部分にもしっかり力点を置きましょう。

 

クイズ

クイズもアイスブレイクとして有効です。何をクイズにするかは自由ですが、その場に関係のあるクイズだと、オリジナリティを出せます。たとえば、「今オフィスビルの何階にいるか?」「今日説明した内容は何か?」などは定番でしょう。

他にも、ちょっとしたウケ狙いで、出題者自身のことをクイズとして出題するのもありです。アイスブレイクの一番の目的は、場の空気を和ませることなので、変わり種のクイズを出して場を和ませる作戦は非常に有効です。

 

アイスブレイクは複数用意しておくと良い

アイスブレイクは複数用意しておくと良い

「このアイスブレイクをやろう」と考えていても、当日の場の雰囲気がどうなるかはわかりません。手の込んだアイスブレイクを考えていても、会場の空気によっては切り出しにくい可能性もあるでしょう。

このように、場やタイミングによって最適なアイスブレイクは変わってくるので、複数用意しておいて、臨機応変に提案すると良いでしょう。

また、時間的な問題もあります。アイスブレイクをやってみて、盛り上がれば同じものをもう一回、逆に盛り上がりに欠けた場合は別のアイスブレイクに移る、といった工夫が必要です。

すべて台本通りにいくとは限らないため、その場に応じて変えていくのが正解です。アイスブレイク自体、簡単なものが多いので、複数用意することも特に難しくはないでしょう。

一回やって成功したアイスブレイクは次からも自信を持って提案できるので、アイスブレイクのストックをどんどん増やしていくのがおすすめです。

 

まとめ

アイスブレイク

アイスブレイクには少人数向けのものと、大人数向けのものがあります。参加者にプレッシャーを与えては本末転倒なので、大人数で気軽にできるアイスブレイクをいくつか用意しておくと良いでしょう。

みんなで楽しめて、場の空気が柔らかくなり、その後の進行がスムーズになるアイスブレイクが理想的です。

リッキー

この記事を書いた人

リッキー
ページトップへ戻る