謎解きコラム

社内コミュニケーションの重要性と強化事例【謎解き・脱出ゲーム】

2019.07.23

社内のコミュニケーションが活性化すれば、通常運転以上のはたらき・結果につながりやすくなります。なぜなら、無用な遠慮などでコミュニケーションが停滞せずに仕事が効率よく回っていくことに加え、他者との協力姿勢などが育まれていくからです。今回は、社内のコミュニケーションの重要と強化事例について紹介させていただきます。

社内のコミュニケーションの重要性

社内コミュニケーションの重要性

システム(マニュアル・社風)には限界がある

コミュニケーションを円滑にするためにシステム化することは大切ですが、それだけでは「人間同士の結びつき」を作っていく効果が薄いので、機械的な関係性を築くことはできても、社員同士でカバーし合うような組織力には繋がりにくいと言われています。コミュニケーションを活性化し、プラスαの関係性を生みましょう。

組織の基礎はコミュニケーションがつくる

会社を支えているのは人です。個人の能力だけでなく、チームとしての能力が結果に大きく影響します。そのため、所属している人たちの関係性を育み、より良いチームとして機能する組織作りをしていくことを会社は求められます。組織の基礎とも言える「関係性」を育むために、コミュニケーションを見直しましょう。

コミュニケーションが組織の可能性を広げる

コミュニケーションを改善・向上することによって、組織の可能性が広がります。たとえば、組織に属する人たちの風通しが良ければ、周囲の人が相談に乗って悩みを早期のうちに解決できたり、互いに協力し合って仕事が早く終わったりしますよね。そのように、コミュニケーションを取りやすい環境が出来上がっていると、人や会社に良い影響を与えることがあります。

コミュニケーションを改善するメリット

コミュニケーションを改善するメリット

コミュニケーションが+αをつくる

社会人とはいえ、1人の人間です。時には苦手な人と関わらないようにすることがあってもおかしくありません。逆に、好感を持っている人やお世話になって人などに対してはより親身になって行動することもあるでしょう。そのように、良好な関係性を築けていると、人々は自ら進んで「+α」を生み出す可能性があります。

会社との関わり方に変化が起こる

会社や仕事に対する不満の中で、とりわけ多いものは「人間関係に関する不満」だと言われています。それは退職理由の中でも特に多く、会社にとっては見逃せない問題の1つとなっています。コミュニケーション不足により不満を持っていると、他者だけでなく会社に対しても不満を抱くようになることもあります。それは社内イベントなどでコミュニケーションを改善し、人間関係を改善・向上させることによって、会社に対する思いや関わり方が好転する可能性があることを意味しています。

社内コミュニケーションの強化事例と有用性

社内コミュニケーションの強化事例と有用性

 合宿・研修

合宿や研修を社内イベントとして実施する企業の中には、「コミュニケーションの活性化に伴って業績が上がった」という会社もあります。企業によっては様々な事業を行っている場合もあり、合宿や研修などの社内イベントを開催することによって、普段は関わらない人との交流が生まれ、それが良い影響を与えたそうです。合宿や研修では学びの機会が多くなるため、他者とのコミュニケーションを取ることにも積極的になりやすいのでしょう。ワークショップなどのディスカッションを積極的に取り入れることで、そういった効果を得やすくなります。

忍者修行

『忍者修行』は体験型のアクティビティです。日本の歴史的な文化の1つと言える「忍者」が実際に行っていたとされる修行や、武器などの使用体験を通して、忍者を体験できます。忍者体験サービスを提供している業者によってはビジネスマン向けに最適化された研修プログラムを用意している場合もあるので、より会社の人材を成長させることにマッチした修行を選ぶことも可能です。忍者修行は心身の成長を促す効果に長けていますが、それに伴ってコミュニケーションが改善する効果も高いと言われています。修行によって自分や他者を見つめなおす機会を得られて、反省を通して成長できるのでしょう。

戦国運動会

『戦国運動会』は、戦国時代をモチーフにした数々のオリジナル種目と通して「大人が本気で楽しめる」運動会です。運動の得手不得手だけが勝敗を左右せず、ポジティブなコミュニケーションが自然と生まれるように創られた新感覚アクティビティなので、社内コミュニケーションの改善に最適。1000人規模の大規模な運動会にも対応でき、会社全体の社内イベントとして戦国運動会を開催することもできます。現在、社内運動会は見直され、導入する企業が増えてきています。運動会は子どもだけのものではなく、大人にとっても高い効果を期待できるアクティビティです。大人が楽しめる戦国運動会を開催して、社内全体のコミュニケーションの改善を図りましょう。

サバイバルゲーム

『サバイバルゲーム』は、エアガンで撃ち合うアクティビティです。コスチュームにもこだわって参加する人が多く、様々な楽しみ方ができるアクティビティとなっています。サバイバルゲームの特に良いところは「気兼ねなく人と関われること」です。ゲームが始まれば、遠慮の壁を取り払って参加する必要があるためです。文字通り、他者との壁を撃ち抜くような効果を期待できます。

水合戦-WaterBattle-

『水合戦-WaterBattle-』は、障害物を利用して身を隠しつつ、水鉄砲で敵陣に攻め込む体験型アクティビティです。水フェスや泡パが流行し、水系のアクティビティに対する社会的な注目度は上昇中。水合戦には戦略性が求められ、個人として楽しむだけでなくチームとしての協力性も求められるので、よりチームビルディングに最適なアクティビティとなっています。

チャンバラ合戦IKUSA-

『チャンバラ合戦IKUSA-』は、スポンジ製の刀を持ち、敵の武将と戦いながら敵陣に攻め込んでいく体験型アクティビティです。圧倒的なリピート率を誇り、全国各地でイベントが開催されています。勝利を目指すには戦略性が求められ、軍議を通じてチーム内でしっかりとコミュニケーションを取る必要があるので、アイスブレイクやチームビルディングに最適です。「本気で楽しめる遊び」として開発されたアクティビティを通して、最高のチーム作りのきっかけを作りましょう。

謎解き・脱出ゲーム

『謎解き・脱出ゲーム』は、謎を解いて楽しむゲームです。問題を解くときに他者と相談することでワークショップのようなコミュニケーションが生まれ、アイスブレイクやチームビルディングの効果を期待できます。また、ストーリー性を持たせることもできるので、宝探しゲームのようにゴールを目指すアクティビティとして行うこともできます。短いスパンで多くの成功体験をチーム内で共有でき、コミュニケーションを向上させる効果が高いです。

まとめ

ミーティング風景

 

組織のコミュニケーションを改善・向上させるには、明るい気持ちで互いにコミュニケーションを取り合える環境作りをすることが大切だと言われています。明るい気持ちになると、人に優しくなれたり、心を開きやすくなったりしますよね。そのように、ポジティブな感情を引き出す社内イベントなどを企画し、そういった環境を提供することが重要です。本記事では、その特性のある事例を中心に紹介させていただきました。どれも社内イベントに最適なので、実施してみてくださいね。

ともしど

この記事を書いた人

ともしど

好きな武将は真田信之。東京私大経営学部卒のおとめ座。元板前サラリーマン。副業ライター・編集者として数千本の記事を制作し独立。だいたい色々書いている。Web漫画と水の流れる音が好き。たまに料理人。核家族。

ページトップへ戻る